ゴールドカードの審査が気になる

i153

ゴールドカードを持つと意外な副産物を生むことがあります。私もそうであったのですが、この副産物にハマる人間が多いという 事実を知ったとき「やっぱりそうだよね」とついつい微笑んでしまうものです。ここで、そんな副産物についてお話をして いきたいと思います。

事の発端は、ゴールドカードの審査が甘くなってきたということと、年会費などのデメリットよりもポイントなどのメリットの 方が大きいということに気付いたというのが背景です。そして、この副産物は、まさに「ポイント」になります。 ゴールドカードを所持する理由は、昔はステータスのような無形ですが、今ではお得にというような有形なものにシフトした結果が ポイントサービスなわけです。そして、年会費の元を取ろうと躍起になってポイントサービスを勉強する流れになってきます。

これが、ある程度、軌道に乗ってくると「こんなお得なものがあるのだ」と実感し、さらなるお得を求めて、さまざまな ポイントに手を出すようになってしまうのです。これが、意外な副産物となります。昨今、インターネットが普及したため このような「ポイントサイト」と呼ばれるサービスは多数存在し、地道な努力が現金化できたりと、いわゆる副業に 足を踏み入れる敷居が低くなっているわけです。そして、このゴールドカードで培ったポイントノウハウを最大限に発揮し ポイントサイトを楽しんでしまおうという流れになっていくわけです。

「年会費」を払うことにより発揮されるモチベーションが「副業」まで発展される副産物がゴールドカードに潜んでいるのです。

所得証明いらないの?!カード会社

お金を借りる際、手続きが面倒くさい収入証明不要のカードローンだと助かりますよね。

不要でも借りることのできる会社は多々あります。

その会社をいくつか紹介します。

信販系の会社では、アコムとプロミスです。

どちらも他社を含め100万円以上借りている方と、当社で50万円以上借りる方は必要になってきますが、借りるお金が50万円以下の方は必要となり、源泉徴収票か確定申告書、給料明細書の中のどれかを用意しなければいけませんが、50万円以内でしたら必要ないのです。

銀行系のカードローン会社では、楽天銀行カードローンが100万円以内ならば原則不要と推しています。

気になるのが「原則」という言葉ですよね。

これはカードローンを組む際に必ずある審査をしている中で、必要と感じたら用意してもらうこともあるかもしれないということです。

レイクも100万円以内だったら必要ですが、それ以下ならば所得証明書不要で借りられます。

イオン銀行は上限額が50万円なので、ご利用する方みんな収入証明なしで借りることができているのです。

これを用意しないでいいだけで早くお金が必要な方は申し込みが簡単なので、審査さえ通ったら、すぐに借りることができるのです。

今はオンラインで申し込みができるところが多いので、忙しくてなかなか店に行けない方でも簡単にご利用できます。

審査も会社によって基準が違うので、調べてみて、条件をクリアできているかどうか自分で確認してから、申し込む方がいいと思います。